アクセスカウンタ

弘源寺木管五重奏団

プロフィール

ブログ名
弘源寺木管五重奏団
ブログ紹介
白鹿山弘源寺木管五重奏団
(はくろくざん こうげんじ もっかん ごじゅうそうだん)

1991年12月に「弘源寺室内合奏団」として活動を開始。
当初のメンバーは、福島大学管弦楽団OBOGと現役との混成で8名だった。
1994年に五重奏として再スタートし現在に至る。
http://homepage2.nifty.com/mmiya/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
演奏会のご案内
白鹿山弘源寺木管五重奏団の福島演奏会を6月6日(土)福島テルサにて行います。相変わらず「入場 無料」です。 今回のプログラムは、ラヴェルの「クープランの墓」、ドボルザークの「管楽セレナーデ」を取り上げます。 「クープランの墓」は、ラヴェルのピアノ曲。(作曲家自身による管弦楽版もあり)題名は誤訳で、本当は「クープランを偲んで」という意味らしいです。木管五重奏ならではの色彩感をお楽しみいただけるかと・・・。 「管セレ 」は、本来Ob2、Cl2、Fg2、Cfg、Hr3、Vc、Cbの1... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2015/04/11 16:00
お披露目
ヒンク氏の「プライドの30分」のあと,大ホールにて「お披露目」 多数の高校生という,予想外の「逆風」のため,嫌な汗をかきましたが,これも二度とない至福の時でありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/17 20:30
レッスン・その2
残念ながら,管楽器の面々は他の会場での指導となりました。 それにしても,この贅沢な顔ぶれ・・・もう二度とないだろうなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/17 20:15
5月17日
緊張しました・・・。 1st Vnにヒンク氏が加わってのシュポア・・・恐れていた「アポなし依頼」となってしまい,一時はどうなることかと思われましたね。 テンポのよいレッスンで,音のニュアンスに対してのアドバイスをいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/17 20:13
5月14日
17日のウィーン八重奏団レッスンにむけて弦楽器を交えてのシュポア練習。合奏した時間自体は短かったものの,とりあえず自分たちの傾向はつかむことができたはず。 とはいえ,細部には手が回らず,つっこまれるとイタイかも・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/15 18:36
5月1日
今日の練習は,13時からS田さんのお宅。 前半がシュポアの「グランド・ノネット(大九重奏曲)」,後半が「くるみ割り人形」。 シュポアは,5月17日のウィーン八重奏団メンバーによるレッスン受講にむけての練習。レッスンは,1楽章中心になるものと思われるが,念のため全楽章をさらってみた。しかし,いかんせん弦楽器なしでの練習のため,何となく「感じ」がつかめずじまい。しかも,過去に演奏した曲であるとはいえ,すでに感覚は忘却の彼方・・・ちゃんとさらっておかねば。 後半の「くるみ割り人形」は,自前の次... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/01 19:53

月別リンク

弘源寺木管五重奏団/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる